全てから自由になりたい!太陽から学ぶべき理由

サングラス uvカット アマゾン

サングラス ブルーライトカット アマゾン

自由を与えてくれる環境

手のひらを太陽にかざして、空気をいっぱい吸い込んで深呼吸。

太陽と青空の下、とても気持ちがいい。

自由になった気がする。

全てから自由になりたい!

そう思って外に飛び出して、陽の光を浴びると本当に力をもらえる。

そんな気がする。

これほどの幸せがあるのだろうかと思うほど、リラックスしてく。

そのまま日光浴をしていると日焼けに気が付く。

気が付けば皮膚が真っ赤だ。

本当に酷い。

翌日はさらに真っ赤で痛い。

ベッドのシーツの跡が顔に残っている。

思いっきり自由を満喫していたはずなのに、これでは不自由だ。

痛い。

自由は身体を守ってこそ継続的に得ることが出来る。

どうすれば良かったのか。

日焼け対策が必要だったか。

でも、それで全快の自由が得られただろうか。

日光浴の時間をもう少し制限すべきだったか。

それなら、楽しさは半減しただろう。

自由は加減が難しい。

結局、身体を守り続けてこその自由だ。

それ以外の自由は不自由なんだと理解した方がいい。

そう理解すべき。

だとすると、現代社会に生活する人の多くに自由の土台がない。

お金のために自由を削り取る生活をする理由

お金を得るため、毎日長時間労働。

身体が消耗を続ける毎日。

長時間、パソコンの画面を見続けている。

目が凝り固まって、ブルーライトで消耗していく。

目が慢性的に乾燥してしまうことだってある。
サングラス ブルーライトカット アマゾン

自由になりたかったはずだろ!

なぜ、自由の土台を削り取ってしまうのか!

お金を得るためだ。

お金を得て、自由の土台を修復できるのか?

そんなことは出来やしない。

お金を得て、生活費に消えていく。

その生活費は何のために支出しているのか?

それは生きるため。

それでは何のために生きているのか?

生きて今、何をしているのか?

今、自由の土台を削り取っているだけだろ。

そのギリギリ感で進んだ先に何か希望はあるのか?

お金のために自由を削り取る生活をする先に何も希望がないなら、少なくとも自由の土台を削ることからだけは離れた方がいい。

お金をありがたく感謝の心で頂戴するためにも、自由の土台は一番大切にしないと!

それは身体と心。

これを壊してしまったら、今考えている自由からは離れていくはず。

身体の部位の中でも「目」がとても大事な理由

身体の部位の中でも「目」は露出度が高い。

だから、保護する意識がとても大切。

とくにスマホ時代、パソコン時代では、これが加速している。

ネットを使い、スマホやパソコンを使い自由を得るつもりが、一番大切な目の保護を怠りつつある人が多いように感じる。

身体は全て大切だけれど、その中でも目は特に露出度が高い。

つまり、一番気にしないといけない部位。

だから、PCやスマホばかりを見続ける人はブルーライトカットが必要だし、太陽光にさらされ続ける人はUVカットが大事。

サングラスが自由度を上げていくアイテムになる。

ブルーライトカットのメガネが標準メガネになるかもしれない。

それから、目をいたわるような商品に対する需要もどんどん増していくと思われる。

これは地方移住などが進んでも同様だと思われる。

スマホ依存、PC依存はどんどん進んでいくのだから。

目から分かる不自由がすぐソコまで来ている現実

片目だけ特に視力が悪い。

さらに、その目が利き目ではない。

そうなると利き目を手で覆った瞬間、全くの別世界になりますよね。

利き目の視力も同様に奪われたら、その世界になるということです。

それがすぐソコにまで迫っている現実があります。

その世界で今、自由を感じることが出来るでしょうか。

自由のイメージは利き目で見ている世界のイメージではないでしょうか。

片目の視力だけが特に悪く、その目が利き目ではないという人であれば、自由感が身体に依存していることをリアルに体感できますね。

あなたは自由を求めていても、不自由がすぐソコにあって、準備万端の状態です。

それでも前向きに生きなければいけませんが、目を大切にすることをもっと意識していきましょう。

だから、ブルーライトカット、UVカットが大事です。
サングラス uvカット アマゾン

サングラス ブルーライトカット アマゾン

人間は今の自分以外の身体状態を感じとることが苦手です。

経験したことがない状態であれば特にそうです。

だからこそ、すぐソコに迫る不自由を意識できないことがあるのです。

でも、それは本当にすぐソコにあります。

利き目以外の目が極端に悪い人は、特にそういう現実を把握しやすいと思うので逆にラッキーだったと思うべきなのかもしれません。

関連記事:GARMIN(ガーミン)スマートウォッチという選択 × 自由

関連記事:自由 × ブリジストン自転車